仮想化基盤の基盤ソフトウエア

仮想化基盤においては2つの基盤ソフトウアが利用されることが多いです。

1つはハイパーバイザー、もう1つはホストOSです。

両者とも仮想化基盤として重要なソフトウエアですが、処理効率や使い勝手がかなり異なるので注意が必要です。


ハイパーバイザー型の仮想化基盤ではOSとして動作することになります。
ハイパーバイザー型ではCPUやメモリ、ハードディスクなどを直接管理します。


ハードウエアを直接管理することでハイパーバイザー型のOSの上で動作するOSへ適切にハードウエアを供給できるだけではなく、無駄な処理が減るのでそれぞれのOSは効率よく動作することができます。


ただし、ハイパーバイザー型のOSが動作するハードウエアは専用品が多いのがネックです。

対してホストOS型の仮想化基盤は一般的なOS上で他のOSを動かす仕組みです。

WindowsOSの上でLinuxを動かすことができる仕組みです。

この方式では専用の仮想化アプリケーションを立ち上げ、ホストOSが持っている物理ハードウエアを仮想化ソフトが借りることでOSを立ち上げます。

珍しい2ちゃんねるが今、話題になっています。

仮想化ソフト内で動作するOSは仮想化ソフトが用意する物理的なハードウエアを認識して稼働することになります。



ホストOS型の仮想化基盤は利用できるホストOSが多いこと、ホストOSが利用できるハードウエアなら専用のドライバなしで仮想コンピュータを立ち上がられることがメリットです。



ただし、オーバーヘッドが大きく動作速度は落ちてしまうことが多いです。